性病検査をどこで受けるか

A子「S博士、性感染症の検査を受けたいのですがどうしたらいいですか?」

S博士「A子ちゃん、身体に症状が現れているかな?痒みや痛み、おりものの異常がある?」

A子「いいえ、症状はないんです。元彼が遊び人だったから、ちょっと心配になっちゃって…」

B男「僕も症状はないけれど、自分が性感染症かどうか気になるなあ」

S博士「症状がないようだったら、匿名で気楽に受けられる検査キットがあるよ。匿名で検査を受けられるし、病院での検査よりは安く済むことが多いよ」

A子「いくらくらいかかりますか?」

S博士「検査の数によって、ひとつなら3千円くらいから複数では2万円前後まであるよ」

B男「いろいろ調べたいけど、2万円は高いなあ…」

S博士「保健所ではHIV、梅毒、性器クラミジア感染症、淋菌感染症は無料、匿名で検査を受けられるよ。それぞれの保健所で検査の日が決まっているから調べた方がいいね」

A子「そうなんですか!!私、淋病が心配だったから保健所で調べてもらいます」

S博士「HIVと梅毒は血液検査、性器クラミジア感染症と淋菌感染症は尿検査になるよ。女性の場合生理のときは尿検査での検査結果が正確に出ないこともあるから生理の日を避けた方がいいよ」

B男「僕も保健所で検査してもらいたいけど、誰か知っている人に会ってしまわないか心配だな」

S博士「そうだね。ネット販売で購入できる検査キットなら、ほんとうに誰にも知られずに済むというメリットがあるね。病院では初診料がかかってしまうことや、医師の診察後の検査ということでコストはかかってしまうけれど、もし性感染症だった場合その後の治療がスムーズだし不安なことは何でも直接医師に質問できるというメリットもあるよ」

A子「今つきあっている彼と、もうすぐきっとしちゃうと思うんです」

S博士「A子ちゃんの元彼は遊び人と言っていたね。今度の彼は大丈夫かな?できることなら、彼も性感染症の検査を受けてお互いに安心できると良いね」

A子「こんどの彼はまじめな人だから、ちゃんと話をしてみます」

S博士「それがいいね。それから、セックスのときにはちゃんとコンドームを使うことだよ」

「誰にも知られずに検査をするなら検査キットを使いましょう!」