エイズってどんな病気?

HIVウィルスが感染し、人間の免疫を破壊する病気

HIVウィルスが血液を介して、感染し発症する病気がエイズです。

感染してから発症するまで、10年近くの潜伏期間があるのが特徴で、現在の医療では完治する事ができません。

B男「S博士、エイズについて教えてください」

A子「とても恐い性感染症ですよね?」

S博士「そうだね。現在の医学では体内のHIVを完全に取り除くことはできないんだ。でも体内のウィルスを増やさないという治療法で多くの患者さんは発症を遅らせることができているよ」

B男「エイズになるとどんな症状が現れるの?」

S博士「エイズ患者というのは、HIV感染者が、健常者が通常かからない日和見感染症と呼ばれる病気になったときのことを言うんだ。だから、それまではHIV感染者と言うよ。HIVに感染すると最初は熱や吐き気、頭痛や関節の痛みなど、風邪によく似た症状になるよ」

A子「その状態がずっと続くの?」

S博士「病原菌が入ってくると人の身体は抗体を作るんだ。だから、風邪のような症状は2週間程度で治まってしまうんだよ」

B男「それじゃあ本当に風邪だと思ってしまいますね」

S博士「そうなんだ。その後まったく症状のない無症候期になるよ。人によって違うけれど約5年~10年は通常の生活ができるから、気づかないままの人は多いんだ」

A子「さらに進行するとどうなるの?」

S博士「症状は出ていなくても身体の中の免疫力が下がっていくんだよ。すると発疹が出たり、皮膚炎、帯状疱疹、口腔カンジダ症など免疫力の低下が原因の症状が現れるね」

B男「その後がエイズ患者になるんですね?」

S博士「そうだよ。ニューモシスチス肺炎や、サイトメガロウイルス網膜炎など、さっき話した日和見感染症という、健常者はかからない病気になっていくんだ」

A子「検査はどうやってするの?」

S博士「採血して検査できるよ。自分の名前や住所を知らせずに匿名で検査を受けられるし、無料なんだ。全国のどこの保健所でも検査してもらえるから、感染者を増やさないためにも気になったら早めに検査したほうがいいね」

B男「へえ!無料で匿名なら検査も受けやすいね!」

A子「感染を防ぐにはやはりコンドームですか?」

S博士「そうだよ。血液や精液で感染するから性交渉のときは必ずコンドームを使うことだね」

「HIV感染は、自覚症状が殆ど無いので血液検査をしなければ感染の有無を確かめられません!」