淋菌感染症ってどんな病気?

淋菌が尿道、性器、咽頭に感染し発症する病気

淋菌によって感染するSTD(性感染症)で、性器や咽頭に感染します。

男性は風俗で感染することが多いので心当たりがある人は定期的に検査すると良いでしょう。

B男「S博士、実は最近、おしっこするときに痛いんです」

S博士「性器から膿のようなものがでていないかな?」

B男「はい。今朝、黄色っぽくてどろっとした、匂いのある液体が下着についていました」

S博士「それは淋病の可能性があるね。すぐに病院で診察を受けた方が良いよ」

A子「淋病の場合、女性はどんな症状になるんですか?」

S博士「淋病では、女性の場合は症状が出ない人が多いんだよ。もし症状がでるなら、おりものが増加したり悪臭がしたりする。性器の痒みや尿道炎になる人もいるね」

B男「病院に行くのは恥ずかしくて嫌だなあ…」

S博士「性感染症は検査キットを販売していて、結果をネットで知らせてくれるなど便利な検査方法もあるね。でもどちらにしても、治療するための薬を処方してもらうには医師の診察が必要なんだ。性器の痛みなどは性感染症以外の病気の可能性もないわけではないから、病院で診察してもらうのがいちばんだよ」

B男「ほうっておいたら治ったりはしないんですか?」

S博士「残念ながら、薬で治すしか方法はないよ。性感染症は放置すると進行してしまう。淋病の場合は前立腺炎になり、さらに放置すると精巣上体炎になり、高熱がでて睾丸が腫れて下腹部全体がとても痛くなるよ」

A子「うわあ!B男くん、すぐに病院に行った方が良さそうね」

B男「そうだね。恐くなってきたよ。おしっこするときの痛さも嫌だし、すぐに行ってくる!」

S博士「淋病はのどにも感染するよ。のどは症状がないからわかりにくいけれど、同時に検査をした方が良いね。病院でもそう言われるはずだよ」

A子「検査はどんな方法ですか?」

S博士「問診の他に尿検査や、性器からの膿をとって調べるね。女性も問診と尿検査、膣の分泌物を調べることもあるよ」

B男「こんなことならちょっとだけ生で入れさせてなんて言わなければよかったよ」

S博士「そうだね。性交渉にはコンドームを正しく使うことと、性交渉のパートナーが変わったときにはお互いに性感染症に感染していないか検査することも有効だよ」

「女性は特に症状が少ないので注意が必要です!疑わしい事があれば検査を受けましょう!」