エイズ発症時の合併症

診察する医師

A子「S博士、HIVウィルスに感染して発症したら、どんな病気になるの?」

B男「なんだか聞くのも恐いなあ…」

S博士「エイズが発症するということは、体内の免疫力が著しく低下しているということなんだ。つまり、普通の人ならば免疫力で跳ね返してしまうような、病原性の弱い菌にも感染してしまうんだ。その状態を日和見感染症というんだよ」

A子「症状としてはどんなかんじですか?」

S博士「結核では咳や呼吸困難、カンジダ症では粘膜の痒みや痛み、クリプトコッカス症では髄膜炎など、症状は様々でそれぞれに対して薬で治療していくよ」

B男「恐いなあ。すごく痛そうです」

A子「薬で治療すると治るんですか?」

S博士「残念なことに、身体に免疫力がないため、ひとつの症状を薬で治療してもまた他の症状がでてしまったりするし、治療にかかる期間もとても長くなるんだ。投薬で一度症状が軽くなってもまた再発するということも多いんだよ」

B男「だからエイズは治らない病気と言われるし、死に至る病なんですね」

S博士「そうだね。でも正しい予防法をとればHIVウィルスには感染しないから、恐ろしい病気だということを理解した上できちんと予防しよう」

B男「エイズ以外の性病は治療で治るんですよね?」

S博士「B男くんのようにエイズ以外の性病を気軽に考える人がいるけれどそれは恐ろしいことなんだ。クラミジア、淋菌や梅毒に感染しているとHIVウィルスに感染する可能性が数十倍にも高まると言われているんだよ」

B男「そうなんですか!!知りませんでした」

A子「基本的な予防法は正しいコンドームの使用ということで、エイズも他の性病も同じですよね?」

S博士「そうだね。好きな相手ができたら性交渉を持ちたくなるものだね。それを否定はしないけれど、こうした知識を頭の片隅にいつも入れておいて、相手のためにも自分のためにも、きちんとコンドームを使うようにしよう」

A子「彼にもエイズの怖さ、きちんと話しておきます」