性交渉以外にHIV感染のリスク

A子「私は女性なので、HIVウィルスの母子感染が気になります」

S博士「その心配をしなくていいように、HIV感染の予防をきちんとすることだね」

B男「治療方法がないということは、HIVウィルスってすごく強い病原菌なんですよね?」

S博士「ところがHIVウィルスというのは、病原菌としては非常に弱いんだ。強かったら、空気や水を媒体にして感染してしまうから人類は滅びてしまっていただろうね。病原菌としては弱いんだけれど、体内に入ってしまうと菌を絶滅させることができないのがHIVウィルスなんだよ」

B男「性交渉以外でHIVウィルスに感染するのはどんなときですか?」

S博士「性交渉以外でHIV感染してしまった例として有名なのが、非加熱血液製剤だね。肝炎を治療するときに、血液から生成した薬品を使ったところ、HIV感染者が多く発生してしまったんだ。さっき言ったように、HIVウィルスは非常に弱い病原菌だから、加熱していれば問題がなかったのに、旧式の薬品を日本が認可していたためにそういったことが起こってしまったんだ」

A子「治療に使われた血液製剤がエイズ患者の血液から作られたということですか?」

S博士「そうだよ。海外では貧しい人々が『売血』と言って自分の血液を売ることがあるんだ。つまり、お金をもらって献血すると言うことだね。ただでさえ低所得者の方がHIV感染率が高いというのに、貧困層ほど麻薬常習者が多いために注射針の回しうちでさらにHIV感染者を増やしているという悪循環なんだよ」

B男「注射針でもHIVウィルスに感染するんですね」

S博士「麻薬常習者は注射針の消毒をせずに使い回すために、血液から感染するんだよ」

B男「血液からは感染しやすいんですよね」

S博士「そのとおり。なぜHIV感染者に男性の同性愛者が多いかというと、アナルセックスの際に傷がついて出血をするからなんだ。肛門は多くの血管があつまっているから非常に出血しやすい場所なんだ」